top of page
『物流大崩壊』

ご購入はこちら!

『物流大崩壊』

宝島社

角井亮一

2017年10月1日、ヤマト運輸は27年ぶりに基本料金を値上げすることを決定した。

ネット通販の急拡大と、それに伴う宅配個数の増加が現場ドライバーの長時間労働を招き、ついにサービス維持の限界に達した。
深刻な人手不足とドライバーを苦しめる再配達。宅配業界はいま、ビジネスモデルの見直しを迫られている。

こうしたなか、アマゾン、ヨドバシカメラ、アスクルが自前配送網の構築を開始。宅配、小売業者が入り乱れて
ラストワンマイルを担う軽貨物宅配ドライバーの熾烈な争奪戦が勃発中だ。勝者は誰だ?

地殻変動が起こる物流の最前線を日米の物流とEC業界に通じた著者が解説。

bottom of page